HOME > フランチャイズについて
フランチャイズ(FC)について

現在の外食産業の市場において日本経済に多大な貢献をもたらしているのがFCビジネスです。そもそもFCという形態は昭和30年代後半にアメリカから導入されたもので「不二家」が第一号で、その後「ダスキン」の出現からコンビニやハンバーガーチェーンなどへ広まりFCの注目度が一気に加速しはじめた。

弊社推奨 FC本部のご紹介
FCシステムの内容とそのメリットとは・・・
FC本部と加盟店間に交わされる契約を基本に、FC本部が有する商標や事業のノウハウを加盟店へ提供し本部が自社の事業拡大を図ることをいう。加盟店はその商標や事業ノウハウを使用するかわりにロイヤリティという対価を本部に支払うことになります。

このシステムが今日まで成長してきた背景には、他人の資本を使うことで短期に企業成長が望める本部側の思惑と、すでに地域又は、全国的に認知されている人気店に加盟することで店舗運営の仕組みを容易に習得でき、経営者として人気店の仲間入りできることは独自で開業するよりも遥かに楽であるという加盟者側の思惑が重なり合ったことにあると思われるます。

脱サラで比較的容易に経営者になることができ、しかも新メニュー開発や運営戦略等は本部が考えてくれることなので独立開業を目指すメリットは大きいと言えますね。
デメリットとしては、店舗運営の主要部分が本部ルールに拘束されることで、独自性を発揮しにくいところにあります。最近では、グランドメニュだけが本部裁量で、あとは加盟店の独自性を尊重してくれる本部も多いですよ。
FCであれば必ず繁盛するのか・・・
FCに加盟すると必ず繁盛させてもらえると勘違いをし、全てを本部に依存する加盟者が多い。商売である以上「成功」もあれば「失敗」もあり、この2つは常に紙一重のところにある。自分で努力することが一番大切であることは言うまでもないですよね。

FC本部と加盟者の訴訟が頻繁に起きてますが、その内容の多くは売上高や利益に対する不満が原因にあります。反対に、FC加盟を本業とし、複数のFCに加盟しメガフランチャイジーとして成功している人が多いのも事実です。
FC加盟して成功するには・・・
加盟する本部の選択と自身の努力に尽きます・・・間違いない。
それと、加盟しようとするFC店の収益性と加盟金及びロイヤリティのバランス。
これは常に変化していく市場ニーズにおいて競争の末の淘汰が必ず起こりうることを想定し、最終的に「勝ち組み」になるための大切な要素だと思います。

もう一つ大切な要素は、互いに発展していくために本部と共感できるかどうか。
本部との信頼関係がつくれなければ成功もなにもない。それができないなら独自で開業するのが筋である・・・と、誰かが言ってました。
全てがそうであるとは言えないが、自社がつくった店をFCビジネスという形で加盟者に提供していく以上本部も加盟者に繁盛してもらえるよう日夜努力するものと思います。加盟者は本部の理念をしっかりと理解し、マニュアルにとらわれず自らも成功するための創意工夫が必要で、それを受け止めてくれる本部を選択することが重要です。

FC加盟を検討されている方の成功するための掛け橋になれたら・・・という思いを込めて弊社推奨のFC本部をご紹介させていただきます。
【弊社推奨のFC本部⇒焼味尽本部】